家賃が支払えない。

昔のドラマで家賃が支払えず大家さんに頼み込んで翌月まで待ってもらうお願いをしているシーンを見たことがある人もいるものです。昔は大家さんと直接的な賃貸契約を結んでいる人が多かったり敷地内に大家さんが住んでいたりというケースも多くあったのでこのようなやり取りを大家さんとしているものを見かけたのです。

このように大家さんと直接のやり取りをするというのは人と人との付き合いなので事情によっては支払いを待ってもらったり、分割で支払ったりというやり取りが散見されました。しかし、最近は不動産業者を介しての契約が当たり前となり、このような大家さんとの直接交渉というのはなくなっています。

滞納すれば督促の連絡がきますし、滞納が続けば規約に従っていかなる理由であっても退去勧告がされて強制執行されます。突然退去することになれば、滞納した家賃の支払いと新しい家を探してその初期費用を支払い、さらには引越し費用も必要となりますから相当なお金が必要となります。

そこで、一時的に家賃の支払いが難しい状態が起きる場合には、どこかからお金を借りて家賃を工面するということが必要になります。もちろん、続き付きの収入と家賃とのバランスから半永久的に支払いが難しいようならば退去することも考える必要がありますが、一時的な場合にはお金を借りて家賃を支払う方がトータルとして出て行くお金は抑えられます。そこで、ここではお金を一時的に借りる方法としてキャッシングを紹介していきます。