キャッシングの一時利用の注意点

キャッシングを利用する際には、いくつか知っておくべきことがあります。まずは、これまで借り入れの経験がなく、ボーナスや残業代などを活用して近いうちに返済が見込めるという時には、無利息で借りられることがあります。

無利息キャッシングは大手の消費者金融が積極的に行っているサービスで、初めての利用であること、指定金額の範囲内での利用であること、一週間~30日といった期日内の返済ができることが条件として、これらを満たせば無利息での借り入れができるというものです。ただし期日までに完済をしなければ利息も発生しますから気をつける必要があります

また、キャッシングの中には即日の借り入れができるものもあれば翌日以降のものもあります。すぐにお金が必要な場合には即日融資のところに審査を申し込みすべきですし、確実に融資が実行されるように午前中や前日の夜のうちに申し込みを行っておくべきなのです。

審査内容によっては借り入れができず他の消費者金融への問い合わせが必要であったり、金額が希望金額に足りずに他のところから工面する必要があることもあります。ですから、早めの行動と万が一の時の行動を頭に入れておくことが望ましいです。

参考資料-キャッシング・消費者金融は新生銀行グループの【ノーローン】

キャッシングとは

お金を借りるというと、すごく怖いイメージがあります。少しの金額を借りたのに膨大な利息がつけられてしまったり、その利息がどれだけ払ってもなくならないためにいつまでも借金がなくならず、自宅や職場まで取り立てにも追われてしまい、職場や自宅を変えなければならない不安もあります。しかし、実際にはこのようなケースは稀であり、正しい運営を行っている消費者金融から借りればこのような思いをすることはありません。

大手の消費者金融であれば法律に則って正しい利息での運用がされていますし、借りることができる金額も月々の給与に見合った金額という設定がされているのです。そのため、正しい方法で大手の消費者金融からの借り入れをして、利用額も返済計画が立てられる金額にして実際に計画通りに返済をすれば、基本的にこのような恐ろしいことになることはありません。

ただし、そうは言っても必ず誰もがお金を借りることができるわけではありません。借り入れをするにあたっては審査を受ける必要があり、この審査によって借り入れの可否と借り入れの可能な金額とが設定されます。ですから、キャッシングを検討する場合にはまずはこの審査を受けることが必要です。

家賃が支払えない。

昔のドラマで家賃が支払えず大家さんに頼み込んで翌月まで待ってもらうお願いをしているシーンを見たことがある人もいるものです。昔は大家さんと直接的な賃貸契約を結んでいる人が多かったり敷地内に大家さんが住んでいたりというケースも多くあったのでこのようなやり取りを大家さんとしているものを見かけたのです。

このように大家さんと直接のやり取りをするというのは人と人との付き合いなので事情によっては支払いを待ってもらったり、分割で支払ったりというやり取りが散見されました。しかし、最近は不動産業者を介しての契約が当たり前となり、このような大家さんとの直接交渉というのはなくなっています。

滞納すれば督促の連絡がきますし、滞納が続けば規約に従っていかなる理由であっても退去勧告がされて強制執行されます。突然退去することになれば、滞納した家賃の支払いと新しい家を探してその初期費用を支払い、さらには引越し費用も必要となりますから相当なお金が必要となります。

そこで、一時的に家賃の支払いが難しい状態が起きる場合には、どこかからお金を借りて家賃を工面するということが必要になります。もちろん、続き付きの収入と家賃とのバランスから半永久的に支払いが難しいようならば退去することも考える必要がありますが、一時的な場合にはお金を借りて家賃を支払う方がトータルとして出て行くお金は抑えられます。そこで、ここではお金を一時的に借りる方法としてキャッシングを紹介していきます。